ヒアロディープパッチに効果をもたらすマイクロニードル技術

MENU

ヒアロディープパッチに効果をもたらすマイクロニードル技術

お肌の乾燥が原因でお肌にシワができるということは知られています。

 

だから、保湿効果を持ったクリームなどが数多く販売されています。

 

 

そんな中、ヒアロディープパッチが目の周りの小じわに直接ヒアルロン酸を届けて潤いを与えるという特徴を持って誕生しました。

 

 

ヒアロディープパッチのライバル商品である保湿クリームなどでは実現することが出来なかったことです。

 

 

ヒアロディープパッチが、ヒアルロン酸をシワまで直接届けることが出来るのは、ヒアロディープパッチが持つある技術があればこそです。

 

この記事ではヒアロディープパッチに効果をもたらす技術についてご紹介します。

 

>>> ヒアロディープパッチ公式サイトはこちらから

 

 

 

なぜシワは出来るのか

 

まずは、なぜお肌にシワができるのかを確認することから始めてみたいと思います。

 

20代の頃のお肌と40代のお肌では見た目だけでなく、シワの量や弾力が大きく異なります。

 

年齢とともにシワが増えていくのは、お肌の中の水分量が減少するからです。

 

suibunsukunai

 

若い頃のお肌はお肌の中に水分をため込むセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が十分に備わっています。

 

suibunooi

 

例えばセラミドは角質細胞と角質細胞の間をつなぎとめる役割を果たしています。

 

セラミドが存在するため、肌は平に見えるのです。

 

しかしセラミドが減少することにより、角質細胞と角質細胞の間に溝ができ、これがシワとなります。

 

また、ヒアルロン酸は編み目状の構造を持つコラーゲンとともにお肌の弾力を維持しています。

 

ヒアルロン酸はたった1グラムでも約6リットルもの水分を蓄積することができると言われるほど保湿には欠かせない成分です。

 

しかしヒアルロン酸は食べ物などから補給することはできません。

 

保湿クリームとヒアロディープパッチの違い

 

先ほどシワができる原因についてご紹介しましたが、保湿クリームでは成分の分子が大きすぎて芝の深いところまで入り込むことができません。

 

しかし、ヒアロディープパッチではマイクロニードル技術により角質層のシワの深部までヒアルロン酸を届けることが出来ます。

 

hikaku

 

このマイクロニードル技術こそがヒアロディープパッチが目の周りの小じわ対策に効果をもたらす要因といえます。

 

次は、マイクロニードル技術とはどのような技術なのかを見ていきましょう。

 

マイクロニードル技術とは

 

保湿クリームでは角質層の深いところまで水分を届けることが難しいと言いました。

 

しかしヒアロディープパッチでは、その深いところまで水分を届けることができます。

 

気になる仕組みですが、水分であるヒアルロン酸を200マイクロメートルという小さな針(ニードル)に成型し、1つのシートにいくつものニードルを貼り付けています。

 

hydrodeeppatch

 

そして、、このシートを目の周りに直接貼ることで、ヒアルロン酸で出来たニードルを肌に押し付けることで角質層のシワの部分に直接ヒアルロン酸を届けることを実現しています。

 

だから、ヒアロディープパッチを貼ったときには「ピリッ」とした感覚はありますが、翌朝にはヒアルロン酸が肌に浸透し、「ピリッ」とした感覚はなくなっています。

 

この技術により目の周りに小じわに効果が認められたため、医学雑誌である「医学と薬学」に実績論文が掲載されていることからも画期的な商品だということが出来ます。

 

まとめ

 

ヒアロディープパッチの効果をもたらしている技術は、お肌の保湿に必要な成分であるヒアルロン酸を外部から美容整形のヒアルロン酸注射を打つことなく実現しているマイクロニードル技術です。

 

また、それをライバル商品よりも安価に提供できており、さらに全額返金保証を設けるほど製造販売元の商品に対する自信が感じられます。

 

ヒアロディープパッチは公式サイトで購入すれば通常よりもお安く購入できるだけでなく、お試しでの提供も用意されていますので興味があるようでしたら公式サイトで確認してみて下さい。

 

>>> ヒアロディープパッチ公式サイトはこちらから